FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-20(Sat)

進度について私の場合 1

このブログがきかっけになって、NAETを始められた方が、最近徐々に増えてきたように感じています。

NAETの治療の進み具合ですが、それぞれのはじめた時の症状の違いの他、免疫系の状態も違い、アレルゲンの種類数も(組み合わせも)違うので、本当にひとそれぞれになると思います。

また、生活環境や、治療院までの通院環境、治療院の環境や対応対策等も様々だと思いますので、環境要因の大きい化学物質過敏症にとっては、色々なことが快復の進度に影響する可能性があると私は思っています。

今まで、このブログで私の体験記を書いてきましたが、それをご覧になって、同じように進めると期待をされる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、先に書いたように、NAETを受けても、進み具合は本当にひとそれぞれになるということをどうかご理解下さい。

私がNAETを受けるにあたって、どういうことに気をつけたり対策をしたのか、どんな環境だったのかを考えてみました。

そして、私が比較的治療が早く進むことができているのは、6つの私にとってよかったことがあるからではないかと思いました。

今日からはこのテーマで、私にとってよかったことを書いてみようと思います。

まず、1つ目ですが、私の免疫系がおそらく比較的強い状態だったことです。

私はMCSではありますが、免疫系が強い状態を自分で維持する方法を色々な勉強で身につけた後にNAETに出会い、治療をはじめました。

過去記事に書きましたが、私は旅先で倒れてNAETに出会った時に、基本15項目を全くやっていないのに関わらず、香水や農薬や携帯電磁波、合成洗剤の治療を受けることが出来ました。

NAETが基本15項目からはじめることになっているのは、基本15項目で免疫力をしっかりさせてから、化学物質等の治療をしないと、うまく治療できないからということのようです。

ですが、私は旅先でいきなり化学物質過敏症にとって大きなアレルゲンを治療を受けることができました。

NAETでは、治療をする際に、そのアレルゲンの治療が出来るかをどんな場合でも必ず体に(脳に)聞いてから治療をします。

体がそのアレルゲンの治療を受け付けるだけの体力、免疫力がないと許可はおりません。

私の場合、その時点でそれだけの免疫力があったから出来たのだと思います。

これはもしかしたらとてもめずらしいことなのかもしれません。

過去記事「リンクについて」で、この旅先の出来事をリンク先にして欲しくない、ブログトップにして下さいという内容の記事を書いたことがありますが、理由は先の記事に書いたことの他に、誰もがいきなり化学物質の治療や電磁波の治療から入れるという誤解を与えたくなかったからです。

私が免疫系が強かったのは、おそらく色々なセラピー等を通して自分で健康を維持する方法を勉強してきたからだと思います。

今までブログで私の症状の変遷については書いてきましたが、どれだけ健康や養生法について学んできたかはあまり書いてきませんでした。

今までは詳しく書く必要がないと思っていましたが、私がNAETを受ける前にどれくらい健康について学んできたのかを書いた方が、伝わるかもしれないと思うので、次回に自己紹介のように書いてみようと思います。

(次回に続きます)
スポンサーサイト
2008-09-22(Mon)

自己ヒーリングのプロセス 1

(昨日の続きです。NAETに出会う前に私の免疫系が比較的強かったのは、色々なセラピーを受けたり勉強して身につけた養生法などがあるからですが、今日はこれについて自己紹介のような感じで書いてみます。

過去記事と重なるところがあるかもしれませんがご容赦下さい)

私は、30年以上前から原因不明の症状(実は化学物質過敏症の症状)や殺虫剤や薬剤等アレルギー等で悩んできましたが、医者を受診しても治す術がないと言われて何も手を打てずにきました。

20数年前の私は、赤ちゃんの頃からの肋骨の奇形(後にNAETでアレルギーが原因とわかった)があり、それをかばうように背骨が湾曲しひどい猫背で側湾もあり、骨盤は三角ではなく四角くなってしまい、内蔵全体がすべて下垂していて、脚もゆがみ、歩き方も変で、体中どこでも押せば痛みが走る状態で、急におそわれる原因不明の倦怠感や頭痛こわばりの症状でさらに体型が歪んでしまいました。

奇形がひどいから、若くても水着を着るような海等には遊びに行けませんでした。(日光アレルギーも当時からありましたので奇形がなくても水着は無理だったかもしれません)

今思えば、すべてアレルギーが原因の症状ですが、当時は思いつきませんでした。

体型がよりひどく歪むようになった時期は、見渡す限り田んぼが続く中を行き来していた時期、ピアノを再開し音大受験のため閉め切ったプレハブ部屋で1日中ピアノを練習していた時期と一致するので、農薬や有機溶剤の暴露が大きな要因になっているのではないかと今は思います。

また、NAETを受けてわかったことですが、私の場合は農薬や殺虫剤は(頭痛倦怠感や筋肉に力が入らないという症状の他)特にひどい骨格系の歪みを引き起こします。

当時は、原因がわからず、対策もできませんでした。

ですが15.6年ほど前だったでしょうか、友人の鍼灸師の紹介で、中国人の気功治療家のいる鍼灸治療院に通うことが出来、原因はわからないものの体調を維持することができるようになりました。

その中国人の先生は、脳性麻痺の子供も治したことのあるというすごい気功治療家でした。

お陰様で週に一度通いさえすれば仕事に集中出来ていたのですが…

何年か治療院通いをしましたが、ある時、先生がもしも何かでいなくなってしまったら私は生きられない、それでは困る!と思い、自分で体の調整が出来るようになりたいと思いました。

そこで、受け身だけの治療はやめて、自分で心身を整えられるようになりたいと思いました。

そう考え、意図を変えると、様々なボディワークやヒーリングやセラピー等に自然とご縁が出来て、私の自己ヒーリングのプロセスが始まりました。

意図と書いたのは、自分で意図を設定することが、現実を変えるのに、あるいは新しいご縁をつくるのにとても大切だと私は思っているからです。

(意図はエネルギーの世界に通じていて現実の雛型になると私は感じています。)

まずはじめに、ロルフィング系のボディワークを2年近く受けて、全身の奇形がほとんど治りました。

一番ひどい肋骨の奇形は少し残りましたが(←後にNAETで治りました!)、ロルフィング系のボディワークのすごいところは、一度施術を受けたところはほとんど元に戻らないことです。

体と心について、生育歴での感情体験が体に及ぼすことについて、体が変われば気持ちや考えの切り替えが出来ること等について、学びました。

ボディワイズ―からだの叡知をとりもどすボディワイズ―からだの叡知をとりもどす
(1996/05)
ジョゼフ・ヘラーウィリアム・A・ヘンキン

商品詳細を見る


ボディワーク入門―ロルフィングに親しむ103のテクニックボディワーク入門―ロルフィングに親しむ103のテクニック
(2005/07)
小川 隆之斎藤 瑞穂

商品詳細を見る



(続きます)
プロフィール

ひろって

Author:ひろって
化学物質過敏症をNAETで治療を受けている、日本ではパイオニア的患者だと思います。

外出するのも、家にいるのも困難だった私が旅先で倒れて、偶然出会ったNAET治療。たった15分の治療で、原因の香水の反応から開放されました。

以後治療を受け続け、引越もリフォームもせず、家具等を捨てる等もせず、今までの環境のまま、ほぼ普通に過ごせるようになりました。

(現在は、治療受けることをお休みしております。)

カテゴリー
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

はじめにこちら↓ご覧下さい
☆ようこそ☆
____________ ♪♪♪  このブログは、ほとんどが日記風のものではなく、過去の出来事を体験談として書いていますので、ご留意ください。                           ____________ ♪♪♪  はじめての方は、カテゴリーをご利用下さい。                      ____________     ♪♪♪  カテゴリーから入ると、記事が過去が先(上)になってますので、上から順番に読めるようになってます。まとめてご覧になるのによいと思います。             ____________             ♪♪♪  現在の出来事は「お知らせ」「その他つれづれ」「日記」に書いてます。             ____________ ♪♪♪ コメントは承認後に表示されます。               現在、電磁波過敏症の治療が完全でない状況です。大変恐れ入りますが、コメントやメールのお返事が難しい状況です。コメントの承認にも時間がかかると思います。 どうかご容赦ください。          
最近の記事
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。