FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-03(Mon)

更新再開します

いつもご訪問の皆様には、大変お待たせいたしました。

8月9日の記事にも書きましたが、この数ヶ月間、私の育った環境既往症歴と今まで私がノートに書いたNAET治療の記録を、NAETの臨床報告にもしかしたら少しでもお役に立てるかもしれないと思い、まとめる作業をしてまいりました。

治療前後の変化などは、治療時に口頭で先生に伝えきれないこともたくさんありました。

それらは毎日自分でつけている記録ノート(他人に判読できるようには書いていない)に書いておりましたが、1年10ヶ月、350回近い治療について、あらためてまとめる作業は思いのほか大変な作業で、ブログの更新まで手がまわりませんでした。

パソコンを長時間使えないために、すべて鉛筆と消しゴムと定規を使った手作業になってしまい、簡単に加筆や削除が出来ず、消しゴムのカスだらけになりながらの作業になりました。

ソーターを使えたら早いのになぁと思うようなこともたくさんありました。

そんな訳で、ここ2ヶ月くらいは、出来る日は1日7時間以上もこの作業をしておりました。

この資料がどれくらい先生の臨床報告にお役に立つのかはわかりませんが、このたびやっと作業を終わらせることができて、先生に資料を提出することが出来ました!!

今は、この作業から解放されてホッとしているところです。

先生に提出した資料は、350ページ(資料なのでほとんど白紙のページもけっこうあり、それを含めるとですが)近くにもなってしまいましたが、あらためて長期的に少し離れた視点で記録を見てみると、色々な発見がありました。

折をみて、この辺りのこともブログに書いていこうと思っています。

さて、次回からは、尻切れトンボになってしまっている「私の背景 自己ヒーリングのプロセスと心構え1」の続きを書いてみようと思います。

今回、骨格系について思いのほか反響がありましたので、当初思っていたより少し詳しく書いてみようと思っています。

ただ、NAETの記録まとめ作業が終わったとはいえ、電磁波過敏症もある(NAET以外の作業は実はまだ終わっていない)ので、マイペースな更新となってしまうと思いますが、今回のように1ヶ月以上空くようなことしないで続けられると思います。

どうかよろしくお願いします。

==================

10月24日にコメント、10月25日にメールを下さった方へ

コメント、メールありがとうございました。

返信を試みてみましたが、何か機械的な不具合があるようで返信出来ませんでした。

私のブログがお役に立てていたら幸いです。

骨格系について更新してまいりますので、よろしくお願いします。

電磁波過敏症ということで、パソコン画面を見ることがお辛い場合は、プリンターを使って下さって結構です。

ただ、印刷を前提に書いておりませんし、誤字脱字等もあると思います(気づいているのもありますが私も電磁波過敏症の治療が完全でないのでなかなか手直し作業が出来ないでおります)ので、どうか印刷はパソコン画面の代わりにご覧になるという目的だけでお願いいたします。

ご丁寧に連絡下さりありがとうございました。

快復されますように心から祈っております。


スポンサーサイト
2008-11-05(Wed)

自己ヒーリングのプロセス 2

(自己ヒーリングのプロセス1の続きです)

ロルフィング系のボディワークは、色々な流派(と呼ぶのがふさわしいかわかりませんが)があって、流派によって名前が違います。

(ロルフィングの他にシン・インテグレーションという名前等色々あるようです)

もしご興味あってインターネットで検索される場合は、SI(ストラクチュアル インテグレーション)等でも検索されると他の流派も拾えると思います。

SIはストラクチュアル・インテグレーションの略ですが、身体の構造の統合を意味しているそうです。

(今は、インターネットで情報を得ることが出来る時代ですが、私がロルフィング系ボディワークに出会った当時は情報入手ルートも限られており、施術者の数そのものもまだ少なかった時代でした。)

さて前回、ロルフィング系のボディワークのすごいところは一度施術を受けたところはほとんど元に戻らないこと、と書きましたが、これについて補足します。

ロルフィング系のボディワークを受け始めた頃の私は、しゃがむことも正座することも出来ないほどひどい骨格系の問題がありました。

うっかりしゃがむ作業を3分ほどしてしまった場合、内蔵が下垂するせいなのか筋肉のこわばりが吊れるせいなのかわかりませんが、体中にありえないような激痛が走りました。

しばらくは横になって動くことができず、頭頂の百会のツボを押して息を吹き返すような状態でした。

ふつうの人が楽に出来るような色々な格好が私には無理でした。

それが、ロルフィング系のボディワークを受けると、普通の人のように動けるようになりました。

しゃがんだり正座ができないといった元の状態に戻らなかったので、ほとんど元に戻らないと私は感じたのです。

ですが、元から普通に動くことが出来る家族はロルフィング系のボディワークを体験して、全部ではありませんが、一部元に戻ってしまったと言っておりました。

実は、私もこの時のロルフィング系のボディワークだけでは、骨格系を整えるのに充分ではありませんでした。

理由は2つあって、1つは後日記事にする予定の他の色々なボディワークやセラピーが私には必要だったことですが、

もう1つは、はじめに受けたロルフィング系のボディワークの施術者(ボディワーカーと呼びます)の施術が私に合っていなかったので、後で別のロルフィング系のボディワーカーに不都合を治してもらう必要がありました。

どんな療法でもそうですが、施術者(ボディワーカーやセラピスト)がどういう意図で施術するのか、どんな背景を持った人なのかで、同じ様な施術であっても質やワークの方向が全く違ってくると思います。

私がはじめに出会ったロルフィング系のボディワーカー(施術者)は私の身体があまりにもこわばっていたために「バラす」意図で施術しました。

今から思うと、私の場合は主に化学物質暴露によるこわばりで、進行したのは前回書いた通りプレハブでピアノの練習をしていた頃でしたが、実は赤ちゃんの頃より弱いこわばりが始まっていたので「筋肉のとても深いところ」からこわばる傾向があったのだと思います。

そして「ゆがみは身体がつながりを保とうと耐えた結果の形(つながりを保つためにゆがんでこの形になってしまった)」だったのではないかと思います。

そんな深いところにあるつながっているために生じたこわばりを、「バラす」だけで済ませてしまったはじめの施術者のやり方は、私には合っていなかったようで、しゃがめるようになったもののバラバラになってつながりを欠いた私の身体は、後日大きな不都合が生じました。

その後、別のロルフィング系のボディワーカーにご縁が出来て、そこで私には「バラす」のではなく「再びつなげる」意図の施術が絶対に必要であるとわかり、部分的にやり直しをしてもらいました。

それから、はじめの施術者はクライアントの話をあまり聞かずに、自分の方針に絶対的な重きをかけるタイプの施術者で、特に心理的な面を扱うデリケートな場面で、私はとまどいやショックさえ感じるようなこともありました。

ロルフィング系のボディワークは、筋膜の癒着をといていく施術ですが、その癒着には個々人の人生の歴史があり心理的な歴史がその癒着に関係している場合もあるので心理的なことを扱うこともあるようです。

(NAETの治療ではアレルギーで引き起こっている経洛の遮断をとくことをしますが、経洛に対応する肉体上の滞りに影響がでるだけでなく、その滞りを作った時や滞り継続中の心理面=感情を扱う必要も出てくることもあると思います。

ロルフィング系ボディワークで扱う心理的なこともそれと同じようなことだと私は感じました)

どんな療法でも、心理的なことを丁寧に学んだことのない施術者は、時に無意識にクライアントの境界を侵したショッキングなやり方をしてしまうこともあるように私は体験的に思いますが、はじめのボディワーカーのところで私はそんな体験をしました。

それから、はじめのボディワーカーのワークルーム(セラピールーム)には合成香料がたくさん使われていて、当時は臭いに対しての過敏性は低かったものの、居心地よい環境ではありませんでした。

今思うと、化学物質過敏症を進行させてしまっていたかもしれません。

そんなわけで、はじめのボディワーカーのところでは、正座やしゃがむことが出来るようになった等の改善点はありましたが、私にとってはあまり安全とは言いがたいようなところでした。

ところが、後からやり直してもらったロルフィング系のボディワーカー(施術者)は、はじめのボディワーカーとはずいぶん違う在り方でした。

技術はもちろんのこと、クライアントの話を決めつけずに丁寧に傾聴し、心理面のことも付け焼き刃ではなく本格的に長期間真摯に勉強され経験もあるので、クライアントが別に一生懸命に境界を守ろうとしなくても境界が安全に守られていて、どんなことでもきちんと扱ってもらえるボディワーカーでした。

同じ様な施術なのに、施術者によってこんなにも違うのか!と、とても驚きました。

この2人のボディワーカーの在り方の違いを通して、よいセラピーとは、よいセラピストとはどういうことかを身を持って知りました。

クライアントとしても、ちゃんとコミュニケーションとれること、どんな場合でも自分の境界を守ること(=自分にとって嫌に感じることはノーと適切に伝えること)がどれほど大切なことなのか痛感しました。

初めからよいボディワーカーに当たっていれば…!なんて当時は思いましたが、この体験はその後私がセラピストの勉強をしていく上で、とても貴重な学びになったと今では思っています。

自己ヒーリングが進んで、自分の境界を自分で守れるようになるまで強い心身になれば、よいボディワーカーやよいセラピスト、その他自分と相性のよい物事に自然とご縁が出来やすくなってくるようにも私は感じました。

これからロルフィング系のボディワークに興味をもたれた方が、ご自分に合ったよい施術者に出会えますように。

それから(いただいたメールのお返事になりますが)、私の場合は事故等が原因で骨格系がゆがんだわけではないので、そういう場合にロルフィング系ボディワークではどんな施術になるのかは、私は体験的によくわからないので、施術者に問い合わせてみて下さい。

どんな療法でもそうですが、施術者とコミュニケーションして納得して施術を受けられることが一番大切なことだと思います。

(続きます)
2008-11-10(Mon)

化学物質過敏症 知ってね☆うぉーく のご紹介

今日は、私の体験記ではなくて、ご紹介記事です。

化学物質過敏症の皆様はもうすでにご存じの方も多いと思いますが、

今月22日(土曜日)に東京都の渋谷駅周辺で、
化学物質過敏症 ☆知ってねうぉーく が行われる予定とのことです。

詳細はこちら 化学物質過敏症 ☆知ってねうぉーく のホームページをご覧ください。

主催者は「化学物質過敏症 知ってね☆ うぉーく 実行委員会」で、「当実行委員会は、化学物質過敏症の発症者ならびにその家族と、支援者から成り立ちます。」とホームページにありました。

呼び掛け人は「化学物質過敏症」お悩み事情の本を出されている村田 知章さんとありました。
(残念ながら私はまだこの本を手にしておりません)

「化学物質過敏症」お悩み事情―身の回りの「化学物質」で体を壊している人、いませんか?「化学物質過敏症」お悩み事情―身の回りの「化学物質」で体を壊している人、いませんか?
(2006/02)
村田 知章

商品詳細を見る


13時30分、渋谷の宮下公園に集合で、14時からうぉーくして、15時に流れ解散となるのだそうです。

ホームページには

「抗議のためのデモ行進ではなく、「知ってね☆うぉーく」です。」

「ゆっくり歩いて40分ほどのうぉーくになります。途中参加も、途中退場もOKです。体調を考えてご判断くださいませ。無理強いはいたしません。」

「会場の場所は、とても空気が悪いです。気をつけてお越しくださいませ。。。」

「*当日、飛び入り参加、大歓迎です!!」

「カンパ、どうぞよろしくお願いいたします。」

等ありました。

私はずいぶん前に知っていて、ブログでご紹介したいと思っていたのですが、電磁波過敏症でパソコン作業を避けていることもあって遅くなってしまいました。(普段の投稿は携帯画面からできるけれどリンク作業はパソコン作業でしかできないのです)

たくさんの人に化学物質過敏症を知って☆もらえますように。

うぉーくの成功を祈っています☆


2008-11-22(Sat)

化学物質過敏症 知ってね☆うぉーくに行ってきました

20081123003950


(今日は日記です)

今日、渋谷で行われた「化学物質過敏症 知ってね☆うぉーく」に私も参加してきました!

私はこのブログを通して知り合った方とメールのやりとり等はあるものの、どこか団体に所属する等していないので、実際の化学物質過敏症の発症者の皆様と会うのは、実はこれが初めてでした。

何日も前から楽しみにしていました。

家族(夫=健常者)とふたりで行きました。

会場に到着すると、スタッフの方が、かわいい緑色のお手製のフェルトのぼやき鳥のマスコットと緑色のリボンを下さり、服に着けてうぉーく開始まで待ちました。

その時、新聞社と雑誌の取材を受けました。

話した内容はだいたいこんな感じです。

私が診断をもらうまでの経緯を話してから、

ちょっと合わない化粧品や洗剤があるとか、ちょっと好きじゃない香料があるとか、空気の悪いところが少し苦手等、何か感じる人は少なくないのではと思うこと、

私も初めはそんな感じから始まって、タバコのことなどで当時医者に相談しても治療法ありません診断できませんと言われてしまい、化学物質過敏症を知らずに、避ける等の対策を出来ずにリフォームや新築に引っ越す等してしまい、進行してしまったので、私のように大変な思いをする人がこれから増えないように、化学物質過敏症を知って欲しい。

ただ、どんなに自分で気をつけて避ける努力をしても、農薬散布等、近隣からの空気や外出先の空気は避けようがないので、化学物質過敏症をまず広く知ってもらいたい。

化学物質過敏症になって一番困ることは、働ける場がないのにお金がかかること。(住む場所にも困るけれど)

私の場合、家族(夫)が働けて、夫は元々タバコや農薬や添加物を避けている自然派な人で理解があったのが幸いでした。

(早くに発症してしまった私は、友人含めてそういう自然派の人としかおつき合い出来なかったのです)

家族(夫)と参加しました。

…そんなことを話し終わって周りをみると、さっきまで30人くらいしかいなかった会場に100人もの人が集まっていて、びっくり!しました。

ほどなくして、うぉーくが始まりました。

ぼやきさんの「どうか化学物質過敏症を知ってください!」のかけ声に合わせて、みんなで「知ってくださ~い!」と言いながら歩きました。

私は後ろの方だったので、かけ声はあまりよく聞こえなかったのだけれども「タイミングを合わせてみて」とスタッフの方に励まされて「知ってくださ~い!」と道行く人に伝わるように大きな声で歩きました。

私は大声だけは自信がある(遠い昔、学生時代発声練習をしない日はなかった)のでうぉーく中ずっと大きな声で歩きました。

ただ、さすがに駅前の交差点だけは、排気ガス等ですごく空気が悪くて、喉に何かがひっかかり少しだけ咳込んでしまいました。

そこでテレビ局のカメラを向けられ、取材の人から声をかけられたけれども、うぉーくを一生懸命やりたかったので、その時は適当に答えてやり過ごしてしまいました。

約30分歩いて終着点に戻りました。

幸いみんな無事に歩ききることが出来たようです。

ぼやきさん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!!

一緒に参加した皆様、ありがとうございました。

何人かの方と、はじめてリアルにお知り合いになることが出来ました。

参加出来て、本当によかったです。

なんだかとても楽しかったです。

そして、一緒に歩いてくれた夫に感謝しています。

夫はただ歩いただけでなく、取材に対して思うことをちゃんと話していて、その姿が少し意外でもあり、とてもありがたかったです。

遠くに住む両親は、一緒に歩きたかったけれど仕事で行けないからと、うぉーくにと心ばかりのカンパを渡してくれたのがとても嬉しかったです。

今の私が、今日歩いて楽しかったなんて言えるのは、本当に家族の理解と支えがあったからだとあらためて感じます。

また、もちろんNAETで快復してきたから、都会の空気の中であっても体も心も苦しくなかったからです。

うぉーくの後、大声を出したからおなかはとても空いて疲れたけれども、その後も渋谷の街でご飯を食べて、用事と買い物を続けることができて、お陰様で、帰宅しても全く披露感や症状は出ませんでした。

今回は「化学物質過敏症 知ってね☆うぉーく」なので、出会った方々とNAETについては特に話しませんでしたが、このブログでマイペースですが「NAETも知ってね☆」を続けようと思います。

本当に、ここまで快復できたのは、大変な中、私の治療を続けて下さるねずみ先生のお陰だと思っています。

ねずみ先生に心から感謝しています。

プロフィール

ひろって

Author:ひろって
化学物質過敏症をNAETで治療を受けている、日本ではパイオニア的患者だと思います。

外出するのも、家にいるのも困難だった私が旅先で倒れて、偶然出会ったNAET治療。たった15分の治療で、原因の香水の反応から開放されました。

以後治療を受け続け、引越もリフォームもせず、家具等を捨てる等もせず、今までの環境のまま、ほぼ普通に過ごせるようになりました。

(現在は、治療受けることをお休みしております。)

カテゴリー
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

はじめにこちら↓ご覧下さい
☆ようこそ☆
____________ ♪♪♪  このブログは、ほとんどが日記風のものではなく、過去の出来事を体験談として書いていますので、ご留意ください。                           ____________ ♪♪♪  はじめての方は、カテゴリーをご利用下さい。                      ____________     ♪♪♪  カテゴリーから入ると、記事が過去が先(上)になってますので、上から順番に読めるようになってます。まとめてご覧になるのによいと思います。             ____________             ♪♪♪  現在の出来事は「お知らせ」「その他つれづれ」「日記」に書いてます。             ____________ ♪♪♪ コメントは承認後に表示されます。               現在、電磁波過敏症の治療が完全でない状況です。大変恐れ入りますが、コメントやメールのお返事が難しい状況です。コメントの承認にも時間がかかると思います。 どうかご容赦ください。          
最近の記事
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。