FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-14(Sat)

自己ヒーリング 食と栄養

このところ、私の背景 自己ヒーリングについて9年ぐらいのことまで書き進めてきましたが、今日は書きそびれたことを少しさかのぼって書いてみます。今から12年前くらいのことです。

当時、原因不明で体調が悪かった(実は化学物質過敏症)私は、栄養を摂ることで健康になれないかと思いました。

色々な本を読み、食事の工夫やサプリメントを摂っていました。

ビタミン・バイブルビタミン・バイブル
(1993/03)
アール ミンデル

商品詳細を見る


今はさらに改訂版の’完全版 ビタミン・バイブル’という本が出ているようです。

ビタミンだけでなくミネラル、アミノ酸、脂肪、胃酸や酵素、イーストのことまで幅広く出ている辞書として使える一冊で、職業別や症状別に必要なサプリメントの摂り方が載っている本です。

私は当時、この本を参考にビタミンCなどのサプリメントを毎日摂っていました。

06年に専門医で化学物質過敏症の診断をもらった際に、栄養指導を受けて、サプリメントを摂るように言われましたが、私はもう10年近く前からやっていたことでした。

実は専門医のところへ行った時には、約10年サプリメントを摂っていても改善されないので、約1年間サプリメントを一切やめて様子をみていたところでした。

専門医からの指導を受けて、再びビタミンCなどのサプリメントを摂り始めたのですが、体調に影響があるとはどうしても思えませんでした。

そして、その1か月後にNAETに出会って、治療に通い始めて、ビタミンCなどの栄養素にアレルギーがあることが判明して、今までのことがすべて納得できたのでした。

(最近このブログをご覧になった方へ、
NAETのいうところのアレルギーは一般的なアレルギーとは違ってもっと広い範囲感じです。体に合わないからちゃんと代謝できないということも含まれます。NAETのアレルギーの定義については、’病気よ、さようなら’の本をご覧になるか、NAET施術者のホームページなどをご参考にして下さい。

それから、NAETではどんな症状であっても栄養素のアレルギーから治療をしていきます。体が栄養をしっかり摂れるようにまず免疫を高めることから始めるのだと先生から伺いました。化学物質過敏症と栄養アレルギーのカテゴリーもご参考になさって下さい。)

私にとって、例えばビタミンCは、利点もあったとは思いますが、アレルギーの害(体に合わないことで引き起こされること)がとても大きかったのだと、NAETで治療をしてみてはじめてわかりました。

栄養素のアレルギーは本当に盲点でしたが、NAETに出会う前から栄養について自分なりに色々試した体験があったからこそ、私はNAETの効果が感じやすいのかもしれません。

当時、他にこんな本も愛読していました。

知っておきたいクスリになる食べもの―症状別大編集!知っておきたいクスリになる食べもの―症状別大編集!
(2005/02)
菅原 明子

商品詳細を見る


食べ合わせ新百科―元気2倍増効き目3倍増 体が喜ぶ最新栄養成分食べ合わせ新百科―元気2倍増効き目3倍増 体が喜ぶ最新栄養成分
(2004/04)
白鳥 早奈英

商品詳細を見る


↑実は私が愛読していたのは「食材別 病気も逃げ出す食べ合わせの知恵」という本でしたが、今はもうないらしくアマゾンで出てこないので、同じ著者の同じ意図で書かれた今ある本をご紹介しました。

当時こんな感じの本をいつも手元において、健康になりたい一心で食事と栄養に気を配って生活していました。

栄養素や食材にアレルギーがなければ有効だったのだなぁと今は思います。

もちろん農薬や添加物にも気を使って、できる限り農薬を使わない食材や本物の食材を使うように心がけていました。

ですが、当時の周囲の農地からの頻繁な農薬散布、当時住んでいた家のシックハウスの中では、いくら栄養や食材に気を使ったとしても、健康回復するどころか、体によい食材や栄養素まで「化学物質が付着したよくない食材」と脳は判断してどんどんアレルゲンと認識していっていたかもしれないと今は思います。

当時は、本当にそこまで思い至らなかった!

私は、06年秋の血液検査(まだ化学物質過敏症の専門医に行く前に原因がわからなくて医者めぐりをしていた頃に実費払ってした検査)で、医師から「過激なダイエットをしている人と同じような栄養状態です」と言われたのですが、今はなぜそんなに栄養が欠乏した状態だったのか理解できます。

化学物質過敏症は曝露の大変さもさることながら、栄養を摂ってもちゃんと体が受け摂れない障害がおきていてその影響がとても大きいのだと思います。

今、NAETでおかげさまで栄養素がしっかり摂れる体になって、やっと上記に挙げた本からの情報を活かすことが出来る状態になったのだなぁと思います。



スポンサーサイト
プロフィール

ひろって

Author:ひろって
化学物質過敏症をNAETで治療を受けている、日本ではパイオニア的患者だと思います。

外出するのも、家にいるのも困難だった私が旅先で倒れて、偶然出会ったNAET治療。たった15分の治療で、原因の香水の反応から開放されました。

以後治療を受け続け、引越もリフォームもせず、家具等を捨てる等もせず、今までの環境のまま、ほぼ普通に過ごせるようになりました。

(現在は、治療受けることをお休みしております。)

カテゴリー
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

はじめにこちら↓ご覧下さい
☆ようこそ☆
____________ ♪♪♪  このブログは、ほとんどが日記風のものではなく、過去の出来事を体験談として書いていますので、ご留意ください。                           ____________ ♪♪♪  はじめての方は、カテゴリーをご利用下さい。                      ____________     ♪♪♪  カテゴリーから入ると、記事が過去が先(上)になってますので、上から順番に読めるようになってます。まとめてご覧になるのによいと思います。             ____________             ♪♪♪  現在の出来事は「お知らせ」「その他つれづれ」「日記」に書いてます。             ____________ ♪♪♪ コメントは承認後に表示されます。               現在、電磁波過敏症の治療が完全でない状況です。大変恐れ入りますが、コメントやメールのお返事が難しい状況です。コメントの承認にも時間がかかると思います。 どうかご容赦ください。          
最近の記事
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。