FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-12(Fri)

都会の事情

電磁波過敏症関連の治療後の回避もあって、なかなか更新出来ないでおりました。

今日はつれづれに書いてみようと思います。

化学物質過敏症知ってね☆うぉーくが、私の中で今週やっと終わりました。

うぉーく会場で取材を受けた時「化学物質過敏症をとにかく知って下さい」という気持ちだけで話したので(特に治療法は何かしていますかとも聞かれなかったこともあり)私はNAETのことは話しませんでした。

うぉーくから何日か経って、やはりNAETのことも話せばよかったのかなぁと時折ふと思うことがあり、気持ちがすっきりしなかったのです。

でも、今週月曜日、あぁやっぱりこれでよかったのだと、あの時感じたことを話せたのはよかったのだと思えました。

私の知ってね☆うぉーくはやっと完走(歩)した気持ちになりました!

さて、話は少し変わって都会の事情について書いてみようと思います。

私の住んでいるところは空気が悪いワーストランキング入りしてそうな交差点から7分の場所です。

周辺徒歩5分圏内にあるものといえば…外車ディーラー(田舎者の私は引っ越した時に近所の家々に外車が普通にあることにびっくりした)高級なスーパー(これまたデパートのような食材に驚いた)大企業の大きなビル、印刷町工場、車整備工場、クリーニング町工場、なぜか農家(100円で春菊やカブが道ばたで売っていてここだけ見ると田舎の様、農薬エリアなので好んで近寄りません)。超豪邸から古い小さなアパートまであって、多種多様な環境です。

本当に多種多様な化学物質があると思われる所です。

幸い我が家は道路には面しておらず、我が家の庭の先にはマンションの避難通路用の共用緑地が続き、その続きにもご近所の樹木があります。

緑の中、鳥が樹木の枝をパキッと折る音が響くような静かな場所で、庭にはヒキガエルも住んでいて自然を感じられる所ですが、空気が滞留しやすい場所で、その空気はやはり都会の空気です。

空気が悪いことは、化学物質過敏症の症状を悪化させる原因になっているのですが、これだけ空気の悪い場所だからか、ご近所(自宅マンション~初乗り運賃で行ける範囲)で私が化学物質で反応する話をしても皆さんあまり驚きません。

というか、皆さんから返ってくる言葉を聞いて私が驚いてしまいます。

一例を挙げると…

実は娘が電気式蚊取り機で頭痛がひどくなるのよとか、私も農薬で呼吸に影響がでるのとか、アロマの香りで吐き気がするのよねとか、漂白剤で頭痛や感情がコントロールしにくくなるのよねとか、家族が洗剤や薬剤がダメだから帰宅してすぐにシャワー浴びるのが日課だとか、家具や建具で涙がとまらなくなるとか等々…

これら全て違う人から聞いたことですが、本当にまだまだたくさんあります。

私の住む近所では、化学物質過敏症の話をしても「そんなのありえない」なんていう人に出会ったことはなくて、逆に「みんな何らかのダメなものがあるのよねぇ」なんて返されるのです。

これはもしかしたら比較的空気のきれいな地方に住む方にとっては驚きなことかもしれません。

ですから、私がアクションを起こす前に、どなたかが行動を起こして「ベランダでは喫煙はご遠慮下さい」という管理組合からの通知が回ってきましたし、農薬散布の相談をしても嫌な顔をされませんでした。

(もちろん、普段からよいコミュニケーションを心がけていることもあります)

そういえば真夏でもマスクをしている人は1日1人以上必ず見かけました。

電磁波過敏症ではこんな体験があります。

今愛用している携帯電話と携帯電話用キーボードを手に入れる前のことです。

CPUがなくてインターネットができる環境をなんとか作れないかと思って、初乗り運賃で行ける近さにある家電量販店に相談に行きました。

私がパソコン売場で事情を説明すると「このフロアはお辛いでしょうからよかったら別のフロアでお話を伺いますが、こちらへどうぞ」とホテルライクな口調と物腰で丁重に対応して下さいました。

聞くと同僚に電磁波がダメな人がいるのだとか。

お店ついでに、眼鏡屋さんで化学物質や花粉等の粉塵よけのゴーグルを求めた時のことを。

スプレーサービスしないでと話した時に、店員さんは「私も化学物質に弱くて、朝だるくてほらここがこんなに(本当に大きな範囲で痛そうだった)いつも腫れてかゆいんです」なんてこともありました。

お店に入って、何かの事情で化学物質等に弱いことを話すことがありますが、行く先々で上記のように誰かしら化学物質等に弱い自覚の方が居て、そのせいか皆さん親切に色々工夫して臨機応変に対応して下さいます。

なのに…それらのお店の方々や先に挙げたご近所の皆様もたいていの場合、化学物質に弱い自覚のあるものの「化学物質過敏症」をご存じないのです。

だから知ってね☆からはじめなければならないと私は感じました。

みんなが体に安全な物を選択する世の中になったら、きっと空気もよくなると思います。

これからも地道に身近なところで知ってね☆を続けていこうと思います。

そんな訳で、私の場合、都会の空気の悪い所に住んでいることで体的には苦しいことはあるけれども、全くの無理解で気持ち的にひどく苦しむようなことはありませんでした。

これを不幸中の幸いと言っていいのか、とても複雑な気持ちです。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

ひろって

Author:ひろって
化学物質過敏症をNAETで治療を受けている、日本ではパイオニア的患者だと思います。

外出するのも、家にいるのも困難だった私が旅先で倒れて、偶然出会ったNAET治療。たった15分の治療で、原因の香水の反応から開放されました。

以後治療を受け続け、引越もリフォームもせず、家具等を捨てる等もせず、今までの環境のまま、ほぼ普通に過ごせるようになりました。

(現在は、治療受けることをお休みしております。)

カテゴリー
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

はじめにこちら↓ご覧下さい
☆ようこそ☆
____________ ♪♪♪  このブログは、ほとんどが日記風のものではなく、過去の出来事を体験談として書いていますので、ご留意ください。                           ____________ ♪♪♪  はじめての方は、カテゴリーをご利用下さい。                      ____________     ♪♪♪  カテゴリーから入ると、記事が過去が先(上)になってますので、上から順番に読めるようになってます。まとめてご覧になるのによいと思います。             ____________             ♪♪♪  現在の出来事は「お知らせ」「その他つれづれ」「日記」に書いてます。             ____________ ♪♪♪ コメントは承認後に表示されます。               現在、電磁波過敏症の治療が完全でない状況です。大変恐れ入りますが、コメントやメールのお返事が難しい状況です。コメントの承認にも時間がかかると思います。 どうかご容赦ください。          
最近の記事
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。