FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-11(Fri)

高原で 1

高原にある実家に着くと、気持ちのいい山の空気が出迎えてくれました。緑のいい香りと山の土のいい香り、空気がどこまでもすみわたっています。

ここで暮らせたらどんなにいいだろう、と思った矢先、風向きが変わり、コールタールのような気持ちの悪くなる臭いが運ばれて来ました。

風上を見ると、50m程離れた所にある隣の家が見えます。家の壁が、黒っぽい色の木で出来ていて、聞くと、人は住んでなく、取り合えず建てた仮住まいの小屋らしいとの事。

本宅でないので、簡単な防水防腐加工で済ませたためにコールタール臭がするのかもしれないな、と思いました。

そして、実家に入り、家の中の、隣の小屋方向の窓を全部閉めました。

両親にはお願いして、私がダメな物はあらかじめ避けてもらっていたのですが、お風呂場は、長年のシャンプーや石鹸の香料が染み付いていて、入ることが出来ませんでした。

それで、車で5分の所の公営の温泉に行きました。広く、空気の流れが良いために、人の少ない時間にいけば、シャンプー臭を感じずに入れました。
実は、もっと近くにも公営の温泉があるのですが、そこは、建物の床材がコールタール臭ぽく感じてしまい、中には入れませんでした。

実家の車に乗るのもひと苦労でした。父の車は、エアコンから出る強烈な化学臭で、全く入れず、母の車は、車に乗るとき用の母の上着が、防虫剤臭だったので、臭いが染み込んでいて、窓全開で乗らなければ乗れませんでした。

当然、家の中の両親の服がしまってある部屋には近寄れず、また、リビングやダイニングのフローリングも倦怠感を感じるので、短時間しか居られれません。

これでは、都会の我が家の方が、もしかしたら過ごしやすいかもしれないと思いました。

ただ、ベースの空気がよいので、私が大丈夫な和室では、楽に印刷物である本を読むことができました。

風向きが隣のコールタール臭小屋方向でなければ、高原の空気を満喫できました。


プロフィール

ひろって

Author:ひろって
化学物質過敏症をNAETで治療を受けている、日本ではパイオニア的患者だと思います。

外出するのも、家にいるのも困難だった私が旅先で倒れて、偶然出会ったNAET治療。たった15分の治療で、原因の香水の反応から開放されました。

以後治療を受け続け、引越もリフォームもせず、家具等を捨てる等もせず、今までの環境のまま、ほぼ普通に過ごせるようになりました。

(現在は、治療受けることをお休みしております。)

カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

はじめにこちら↓ご覧下さい
☆ようこそ☆
____________ ♪♪♪  このブログは、ほとんどが日記風のものではなく、過去の出来事を体験談として書いていますので、ご留意ください。                           ____________ ♪♪♪  はじめての方は、カテゴリーをご利用下さい。                      ____________     ♪♪♪  カテゴリーから入ると、記事が過去が先(上)になってますので、上から順番に読めるようになってます。まとめてご覧になるのによいと思います。             ____________             ♪♪♪  現在の出来事は「お知らせ」「その他つれづれ」「日記」に書いてます。             ____________ ♪♪♪ コメントは承認後に表示されます。               現在、電磁波過敏症の治療が完全でない状況です。大変恐れ入りますが、コメントやメールのお返事が難しい状況です。コメントの承認にも時間がかかると思います。 どうかご容赦ください。          
最近の記事
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。